イメージ画像

モビットのカードローンキャッシングのWEB審査申込み概要。スマホ・PCでのネット完結申し込み方法など。

モビットのカードローンの特徴や審査について

現在大手と言われる消費者金融は、昔に比べて減少してきています。 そんな中でモビットは確実に実績を伸ばし、その知名度と人気は言うまでもありません。 そんな消費者金融モビットのカードローン、その特徴はどのようなものなのでしょうか?

その前にモビットという会社を少し説明させて頂きますと、モビットは現在の消費者金融業界においても人気の高い会社の一つに挙げられます。 しかしながらモビットは数多くある大手消費者金融の中でも歴史は浅く、設立は2000年と言う事で比較的新しい会社になります。

その様な新しい会社の中においても業績を一気に伸ばし、ネット上の口コミランキングなどでもほぼ上位に名を連ねています。 モビットは三井住友ファイナンスグループです。

さてそのモビットのカードローンですが、高い人気を集めていて利用者は現在も増え続けています。 そんな人気の高いモビットのカードローンの特徴を申込を行う所から順番に説明していきます。

まず申し込みの方法ですが「電話」「ネット」が基本的な方法となりますが、ネットでは何点かの必要事項を入力すると、簡易審査がすぐに出る「10秒診断」が有名で少ない入力項目で簡単に簡易審査の結果が出ます。

この簡易審査の結果を受けて、カード申し込みへと繋がっていく訳ですがモビットの優れた点でもあるスピード性が申込者へのアピールとなります。 簡易審査の結果から一気に本申し込みへと進んでいく人が多い為に、利用者が増えていってる傾向にあると言えます。

モビットの最大の特徴は、勤務先への電話確認なし・郵送物なしという点が挙げられ、消費者が一番嫌う事を必要外に行わない事もモビットの人気を支えていると考えられます。

電話での申し込みの場合も審査結果が融資可能であれば、振込か最寄りのローン申込機でのカード発行が最短5分で可能となりすぐにお金を手元に用意する事が出来ます。 またモビットの「WEB完結」での申し込みの特徴は、審査結果はメールで受け取れ審査に通った後は必要書類を画像などで送る事で確認事項が終了するシステムも完備しています。 ネット上で契約書を始めとする書類が発行され、契約から入金までまさしくWEB上で完結する事が出来る点は現代社会の風潮を上手く利用した他社との差別化になっています。

次に審査ですが、ここでも審査が早いというのがモビットの魅力となっており30分ほどで審査は完了するのが一般的となっています。 モビットの審査のスピードが早いのは、スコアリングシステムの導入が大きく影響しています。

スコアリングシステムとは、モビットの親会社に当たるプロミス(現SMBCコンシューマファイナンス)が開発してもので、申込した人を点数により評価して融資可能か不可能かをコンピュータで判断するもので、審査の速さにプラスして審査における工数削減にも大きく貢献しています。

また消費者金融での審査の対象となる年齢は、多くが70歳までを対象にしていますがモビットは65歳までの安定した収入がある人となっており、このあたりは銀行系ならではの基準ではないかと言えます。

利用限度額においては500万円までと大口の融資も宣伝していますが、モビットは消費者金融である為総量規制の対象となり借入出来るのは収入の3分の1までとなります。 金利は4.8%~18%ですが、100万円くらいまでの融資であれば18%の金利が適用されると判断して良いと考えます。 50万円を借りたとした場合で、5年(60回)で返済を終了してしまいたいと考えれば毎月約13000円を支払って行く事で完済が可能となります。

モビットでお金を借りる事に対しての利便性は理解出来たと思いますが、次に考えなければいけないのが返済の事です。 ここ数年で大手消費者金融では、提携ATMなどの拡大によりサービスを充実させていますが、モビットの提携力や展開力はそれを上回るものとなっています。 まず入出金やカード発行の役割を果たすモビットのローン申し込み機ですが、設置台数が全国で約300台とされており、その台数は現在も増え続けています。 また提携ATMは全国で10万台とこの数字もまたダントツだと言えます。 モビットは三井住友ファイナンスグループである為、特に銀行との提携が多く他社の消費者金融にはない全国的なネットワークがモビットの特徴でもあります。

銀行においては北海道から九州まで、地方銀行や都市銀で29行の提携ATMでの入出金が可能で、その他にも全国の信用金庫との提携もありそのネットワークは他社との差別化に完全に成功している証拠にもなります。

もちろんコンビニとの提携も他社と同じかそれ以上の数があるので、全国のどこでもどの提携機関でも利用する事が出来る点は利便性も高く、利用者や申し込みをしようとする人の関心も高いと言えます。

お金を借りようとする際に、人それぞれ選ぶ基準があると思いますが設立してからの歴史が浅くてモビットが急成長した背景には、上記に掲げた様な他社には真似できない部分の努力が認められた証にもなっています。

消費者金融での競争においては、金利ではどこもほぼ同じ水準となるので他のサービスという部分においてどれだけ他社との差別化をして、消費者を取り込む事が出来るかにカギがありますがモビットはその部分において成功した会社にもなります。

また会員専用サービスは「MYモビ」との名前で定着しており、残高紹介から増額の申し込みまで様々なメニューを取り揃えています。 振込による送金サービスは最短3分となっており、ここでもモビットならではのスピード性が存在感を現しています。 増額の申し込みも会員サービスであればネット上から申し込む事が可能で、消費者にとって一番嫌な電話などが必要なく出来る様になっています。

ここまで説明して様に、モビットは消費者金融の中でも高いに人気を得ており知名度、実績においてもトップクラスの消費者金融会社である事が分かります。 メディア露出も高いので何かと見た事があると思う人も多いはずで、テレビCMやネット広告で見かける回数も多いと言えます。 今信用度においてもモビットは評価されているので、お金を借りようとする時に選択肢に必ず入ってくる会社のひとつになる存在だと感じます。

モビットの自動契約機について

モビットでの借り入れを行うのに便利なのが、ローン申込機と呼ばれる自動契約機ですが現在全国でモビットの自動契約機の設置台数が、約300台となっておりその台数は今でも増え続けています。この設置台数から見ると、自分たちが住む街に最低一台は自動契約機があると言えます。

当日に振込で融資を受けたかったけど「銀行が振込に対応出来る時間に間に合わなかった」「土日や祝日の為借りる事が出来ない」などと困る事はありません。 モビットの自動契約機は、平日・土日祝日に関係なく8:00~21:00まで利用可能で申込からカード発行が出来ます。 モビットの自動契約機でのカード発行までの時間の目安は、」最短で5分となっていますがこれは予め電話やネットで申込をして、審査を完了している場合になるのでそこは勘違いしない様にお願いします。

しかし自動契約機がある事で、借りる側にとっては大きな利点があると考えます。 基本的に現代はネット社会で、様々なサービスをネットで完結する事が可能です。 モビットにおいても例外ではなく、ネットか電話で申し込みから審査までを完了出来ていれば、後は自動契約機に行きカード発行のみとなるのでそれまでは家にいながら進んで行くのです。

他社であればそのまま自動契約機に行き、一から申し込みを行うのが主流ですがモビットの自動契約機は、カード発行がメインの機械であるのでモビットの自動契約機に行く時は、既に審査が通っているという事になります。

モビットの自動契約機は、他社のそれに比べて凄く小さいと感じないでしょうか? 昔で言う電話ボックスを少し横長にした様な形は、回転率を考えての事もある様な気がします。 また小さい分当然設置費用も安くなると思えます。 モビットの自動契約機はネットという環境で申し込みをして、カードの発行を無人店舗で行う合理的な形だと感じます。

上記のモビットのキャッシングについてのコンテンツは以下のページを参考にさせていただきました。
モビットの即日融資キャッシング審査申込み概要
モビットの即日融資、WEB完結について詳しく知りたい方はどうぞ。

カードローンの審査に落ちる人の特徴

お金を借りたいけど審査に通らないという状況は誰にでも考えられます。 しかし審査に数回も落ちてしまう人、要するに審査に通らない人の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか?

まず誰でも理解出来る事ですが、過去に債務整理をした人は消費者金融であれ、信販会社であれ審査に通る事は中々難しいと考えられます。 債務整理をして年数が経っていれば借りられる可能性は出てきますが、はっきりとした各会社の基準はなく実際に審査をして見ないと借り入れるか借りれないかは分かりません。

審査の基準は各会社により基本的には異なりますが、債務整理をした事故履歴は信用情報機関からいつ消えるのか私たちには分かりません。 もし自分の今の状態がどうなのか知りたい場合は、信用情報機関に情報の開示を求める事で今の自分の信用情報が見られます。

債務整理をした以外の場合でも、ブラックリストとなっている場合は審査に通るのは難しくなります。 延滞や滞納などの履歴も著しくひどい内容であれば、事故情報として残ってしまうので後に返済したからと言っても消える事はありません。

この様にカードローンの審査に落ちる人の特徴は、審査基準に満たないと判断された人になり、それは収入の形態でも同じ事が言えます。 お金を貸す側にして見れば高収入である事よりも、ある程度の収入を安定して得ているかという点を重視します。

同一勤務先での就業年数が短いと、現在は収入があるけどまだ様子をみないと判断出来ないとされ審査に落ちる場合もあります。 また無計画に手当たり次第申し込む人も、申込ブラックとなってしまい審査に落ちる事も多数あります。

カードローンの審査に落ちる人を冷静に判断すると、自分がお金を借りられる状態にあるのかをまず調べない、そして借りようと思う銀行や消費者金融の条件を満たせるのかが理解できていないと思えます。

このページの先頭へ