消費者金融と銀行カードローンの違い

私達がお金を借りようと思った時に、考え付く方法は「銀行」「消費者金融」が選択肢となり易いと思いますが、消費者金融と銀行カードローンでは何がどの様に違うのでしょうか? いくつかの対象を元に、両者を比較してみます。まずお金を借りるという事に関して、一番求めるのはスピードでつまり融資までの時間となります。

特に急な出費や生活費などの場合は、極端に言えば今すぐ手元にお金が欲しいと思うのが当たり前です。 そんな場面では消費者金融が銀行を大きく上回る事になり、また消費者金融が売りとする部分でもあります。

対して銀行は信頼性や金利の面から言えば安心ですが、即日融資の可能性は限りなく低いと言えます。 次に比較したいのが「審査」になりますが、この点でも消費者金融の方が審査基準は甘く、銀行は審査が非常に厳しいのが現実です。 審査が厳しい分、融資までの時間がかかると思えば理解出来ると思います。

消費者金融と銀行では信用情報機関も異なるので、単純に同じ感覚で考えてはいけません。 最後に比較したいのが「金利」です。 借りたお金に対してどれぐらいの金利が付くのか、それは返済していく上で大きな差を生む要素となり、金利の面から言えば銀行が消費者金融よりも一般的には低い設定となっています。 消費者金融はどこも大体18%が適用され、銀行では8%~14%くらいでしょうか。

100万円を同じ一年間借りた場合は、消費者金融が18万円、銀行が8%とした場合は8万円と10万円の差が付いてしまいます。 この差は生活費にも大きく影響して、負担となってくるのは言うまでもありません。 ただ銀行のカードローンでも、限度額が50万円くらいの小口商品ではやや高めの設定が多く見受けられます。 15%くらいの金利のカードローンが多く、消費者金融と比べても3%の差しかありませんが3%でも結構大きな差は出てきます。

このページの先頭へ